2018.9月号vol.6

歯医者さんは、なぜ治療期間が長いの?

歯医者さんに通院されていると、なぜこんなに治療期間はなぜ長いのか?と疑問を持たれることも多いと思います。

通院回数が多くなる治療はいくつかありますが、「歯の根の治療」の場合について詳しくご説明します。

『歯の根』の治療には、

①神経を取る治療 ②再発した病巣を取り除く治療の2種類があり、その主な原因は、進行してしまったムシ歯です。

小さなムシ歯の場合は、表面を軽く削るだけで治療が終了することもありますが、ムシ歯が進行し、歯の神経部分までムシ歯菌に侵されてしまうと、歯の神経を取り除くための『歯の根』の治療が必要になります。

『歯の根』は歯を支えるのはもちろんですが、さし歯や銀歯を支える為などの重要な役割を持っていることから、慎重に『歯の根』の周囲に付着した菌を少しずつ取り除きます。

何度も通院するのは、極力、歯の組織を残しながらも「菌」を確実に除去するための作業と薬の効果を確認しながらの治療になるからです。『歯の根』を何度も洗浄し「菌」や汚れを『歯の根』に残さないことが重要です。

歯を残すためにも、とても大切な『歯の根』の治療です。

広告

2018.9月号vol.6

安全な精密診断ができるCT

病院の検査でCTの撮影を経験されたという方もいらっしゃいますか?当院には、歯科用CTを完備しております。

通常のレントゲンは、お口の中を一方向側面からのみの撮影になりますが、CTは、お口の中を断面的に撮影し、立体的な画像診断を可能にしてくれます。

診断したい部位を360度で確認できるため、正確な診断が適切で安全な治療につながります。

CT撮影診断では、X線量を心配される方も多いと思いますが、

歯科用CTは、病院で使用されているCTに比べ、X線量は非常に少なく撮影できます。

1回あたりのX線放射線量は、

歯科用CT【0.1mSv】、病院の一般的CT【6.9mSv】ですので、

歯科用CTの安全性はかなり高いと言われています。

また、歯科で撮影する「口腔内全体を撮影するレントゲン」は、

【0.03mSv】ですので、一般的な生活をしている日本人一人が自然に受ける放射線量は、年間『約1.5mSv』で、あることからも歯科用CT・歯科用レントゲンの安全性は確認できます。

治療の内容に応じて、安全なCTでの精密診断を行い、質の高い治療をお届けいたします。

2018.9月号vol.6

妊婦さんの歯周病

皆さんは『妊娠中は歯が弱くなる』『子供を産むと歯を失いやすい』

といった話を耳にしたことはありますか?

これは、ただの迷信ではありません。

妊娠中は、女性ホルモンの増加や、つわり、生活習慣の崩れにより、

むし歯や歯周病のリスクが高まります。

特に、歯周病は感染症の為、お腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまう場合がありますので、生活の中でのセルフケアと歯科医院での口腔ケアをしていくことがとても大切です。

上図のとおり、早産や低体重児出産は、喫煙、飲酒、年齢の影響よりも歯周病によるリスクの方が高いことをご存知でしょうか?

妊娠中でもお薬や麻酔などの制限はありますが歯科治療は受けられますのでお気軽にご相談下さい。

これから妊娠の可能性のある方、現在妊娠中の方は、歯科検診を受診し、正しい口腔衛生指導のもとで、お母さんと生まれてくる赤ちゃんの健康を守りましょう。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑