2018.9月号vol.6

歯医者さんは、なぜ治療期間が長いの?

歯医者さんに通院されていると、なぜこんなに治療期間はなぜ長いのか?と疑問を持たれることも多いと思います。

通院回数が多くなる治療はいくつかありますが、「歯の根の治療」の場合について詳しくご説明します。

『歯の根』の治療には、

①神経を取る治療 ②再発した病巣を取り除く治療の2種類があり、その主な原因は、進行してしまったムシ歯です。

小さなムシ歯の場合は、表面を軽く削るだけで治療が終了することもありますが、ムシ歯が進行し、歯の神経部分までムシ歯菌に侵されてしまうと、歯の神経を取り除くための『歯の根』の治療が必要になります。

『歯の根』は歯を支えるのはもちろんですが、さし歯や銀歯を支える為などの重要な役割を持っていることから、慎重に『歯の根』の周囲に付着した菌を少しずつ取り除きます。

何度も通院するのは、極力、歯の組織を残しながらも「菌」を確実に除去するための作業と薬の効果を確認しながらの治療になるからです。『歯の根』を何度も洗浄し「菌」や汚れを『歯の根』に残さないことが重要です。

歯を残すためにも、とても大切な『歯の根』の治療です。

広告

2018.9月号vol.6

安全な精密診断ができるCT

病院の検査でCTの撮影を経験されたという方もいらっしゃいますか?当院には、歯科用CTを完備しております。

通常のレントゲンは、お口の中を一方向側面からのみの撮影になりますが、CTは、お口の中を断面的に撮影し、立体的な画像診断を可能にしてくれます。

診断したい部位を360度で確認できるため、正確な診断が適切で安全な治療につながります。

CT撮影診断では、X線量を心配される方も多いと思いますが、

歯科用CTは、病院で使用されているCTに比べ、X線量は非常に少なく撮影できます。

1回あたりのX線放射線量は、

歯科用CT【0.1mSv】、病院の一般的CT【6.9mSv】ですので、

歯科用CTの安全性はかなり高いと言われています。

また、歯科で撮影する「口腔内全体を撮影するレントゲン」は、

【0.03mSv】ですので、一般的な生活をしている日本人一人が自然に受ける放射線量は、年間『約1.5mSv』で、あることからも歯科用CT・歯科用レントゲンの安全性は確認できます。

治療の内容に応じて、安全なCTでの精密診断を行い、質の高い治療をお届けいたします。

2018.9月号vol.6

妊婦さんの歯周病

皆さんは『妊娠中は歯が弱くなる』『子供を産むと歯を失いやすい』

といった話を耳にしたことはありますか?

これは、ただの迷信ではありません。

妊娠中は、女性ホルモンの増加や、つわり、生活習慣の崩れにより、

むし歯や歯周病のリスクが高まります。

特に、歯周病は感染症の為、お腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまう場合がありますので、生活の中でのセルフケアと歯科医院での口腔ケアをしていくことがとても大切です。

上図のとおり、早産や低体重児出産は、喫煙、飲酒、年齢の影響よりも歯周病によるリスクの方が高いことをご存知でしょうか?

妊娠中でもお薬や麻酔などの制限はありますが歯科治療は受けられますのでお気軽にご相談下さい。

これから妊娠の可能性のある方、現在妊娠中の方は、歯科検診を受診し、正しい口腔衛生指導のもとで、お母さんと生まれてくる赤ちゃんの健康を守りましょう。

2018.8月号vol.5

ムシ歯になりやすい部位 ③咬合面

ひろき通信(6月号vol.3)(7月号vol.4)にも掲載してきました

『ムシ歯になりやすい部位』の第3弾は、『咬合面(こうごうめん)』です。

皆さんは、咬合面とは、どの部位のことかご存知でしょうか?

咬合面とは、上と下の奥歯が噛み合う面を言います。

奥歯を上から見ると『溝』があり、その溝に食べカスや汚れが溜まることでムシ歯になってしまいます。

この『溝』は、モノを噛んだ時の力を分散させる役割や、すり潰しやすくしたり、アゴの運動の誘導面をつくる為に大切ですが、人によっては、この溝がとても深い方もいらっしゃいます。

毎日の歯磨きで、しっかりと丁寧に溝の汚れをかき出すように歯ブラシを動かし、衛生的な咬合面を維持することがムシ歯予防に繋がります。

また、お子様の場合は、奥歯の溝を一時的に埋めることでムシ歯を予防する為の処置もございますので、気になる方は当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

2018.8月号vol.5

お子様の歯を守る3原則

皆様は、お子様の歯を守るために何が大切かご存知でしょうか?

このコーナーでは、お子様のお口の健康を守るための3つの大切なことをお伝え致します。

①家庭でのケア

お子様の歯を守るためには、日頃のケアが何よりも大切です。

小学校中学年くらいまでは、本人が磨いた後に大人の手で仕上げ磨きを行なって下さい。

フロスや家庭用フッ素配合の歯磨き剤のご使用も効果的です。

②食生活

間食はなるべく糖分量や粘調性の低いものを選択し、食べる時間や量を決めることで、お口の環境を乱すリスクを軽減できます。また、日頃から噛むことを意識した食事も大切です。

③歯科定期検診

大人のお口の健康を守るために大切な歯科定期検診ですが、お子様も3ヶ月~4ヶ月程度に1度の定期検診が大切です。

定期検診では、お口の健康状態・成長状態を確認し、必要に応じて予防処置や治療を行なっていきます。

2018.8月号vol.5

ふれあい祭り

ひろきデンタルクリニックのホームページ「ブログ」でもお伝えしておりますが、7月15日(日)は、手稲記念館で開催された「ふれあい祭り」にスタッフとして参加しました。

私の担当した「出店」は「串焼き」で、これまであまり経験がなかったのですが、焼き方のコツなどを皆さんに優しく教えてもらうことで、美味しく焼くことが出来ました。

この日は、あいにくの天気で強い雨が降ることもありましたが、地域の皆さんを中心に大勢の方が祭りを楽しみに来てくれました。

当院は、今年の4月に開院したばかりなので、こうして地域の皆様と交流ができたことを嬉しく思います。

これからも、地域との触れ合いを大切にした活動をしていくと共に、地域のお口の健康を支えていく歯科クリニックを目指していきます。

2018.7月号vol.4

ムシ歯になりやすい部位 ②根面

皆さんは、「歯のどの部分がムシ歯になりやすいのか」ご存知でしょうか?

一般的には、歯と歯の間や、噛み合わさる部分などがムシ歯になりやすいと言われていますが、歯の根の表面の『根面』にも注意が必要です。

根面にできるムシ歯を『根面う蝕(こんめんうしょく)』といい、成人や高齢者に多いのが特徴の一つです。

本来、歯の根面は歯ぐきに覆われていますが、歯周病によって歯ぐきが退縮してしまったり、歯磨きの時に歯ブラシを強く当てすぎる方や、歯の噛み合わせの力によって、歯ぐきが下がり根面が露出してしまうことがあります。

歯はエナメル質という非常に硬い組織になっていますが、根面の表面はエナメル質よりも柔らかいセメント質で覆われている為、根面が露出してしまうと通常よりも早くムシ歯になってしまい、その進行が早いのも特徴です。

『根面う蝕』を予防するためにも、毎日の歯磨きでは歯と歯ぐきの境目も磨き、歯科医院でお口のメンテナンスを定期的に受診することが大切です。

2018.7月号vol.4

ホワイトニングで白く綺麗に

当院では、患者様のライフスタイルに合わせた3種類のホワイトニングをご用意しております。

1つ目の患者様がご自宅で行う「ホームホワイト二ング」は、歯に装着するトレーを製作し、ホワイトニング材を塗布したトレーをご自宅で1日2時間装着して頂きます。

2週間~1ヶ月程度を目安に徐々にホワイトニングをしていきます。痛みやしみるなどの不快感が少なくホワイトニング効果を感じることが出来ます。

2つ目の歯科医院で施術する「オフィスホワイトニング」は、1回のみの通院で約2~3時間の処置で終了します。

その日のうちに効果を実感出来ますが、多少の歯肉の痛みや色の後戻りが早いことがあります。

3つ目は、オフィスホワイトニングの後にホームホワイトニングを行う「デュアルホワイトニング」です。こちらは両者の長所を引き出します。オフィスでその日のうちにホワイトニングの効果が体感でき、その後のホームホワイトニングでさらに自然な白さに長期的に整えていきます。

いずれのタイプも事前検査が必要となりますので、期間には余裕をもってお気軽にご相談ください。

2018.7月号vol.4

歯ブラシの交換次期

歯ブラシの交換時期について何を基準にされているでしょうか?

「ブラシが汚れてきた」「磨いた感じが悪くなってきた」など

交換にはいろいろな理由があると思います。

歯ブラシの交換時期はブラシの状態が一番の基準になり、ブラシが広がってくると、歯の汚れを除去する力も弱まってきます。

上の図からもわかるように、

ブラシの状態によって約4割も汚れの除去率が変わってくることが

わかります。

歯を磨くときの力にもよりますが、ブラシが広がってくるのは、1ヶ月が目安になります。

毎日の歯磨きは、むし歯や歯周病から歯を守るためには、とても大切なことですが、広がってしまったブラシでの歯磨きにはあまり効果が期待できなくなりますので注意が必要です。

歯ブラシの選び方については、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑